目薬の使い方を熟知していますか?

パソコンをずっと使っていると、ドライアイになりやすいと言われますよね?
私は眼科に行っていないので本当にドライアイかどうかは分からないのですが、ずっと画面を見ていると疲れてくるので、2時間に1回くらいの割合で休憩と目薬タイムを設けています。
眼科から処方された点眼薬ならば、使い方をしっかりと教えてもらえるかもしれません。
でも市販の目薬の場合は、しっかり説明書を読んで使用していることはほとんどない気がします。
いえ、はっきりと説明書を読んだことがありませんと言った方が正しいでしょう。

マイナビニュースに「誤解したままだと病気になる!正しい目薬の使い方7つ」という記事がありました。
人が使っているものを共有すると細菌が入ると聞いたことがあるのでやったことはありませんが、それ以外は適当に使っています。
病気になるのは非常に怖いですよね?
どんなことがタブーなのでしょうか。

1.片目ずつ1滴で十分
これはなんとなくですが、どちらも1滴ずつに抑えています。
それ以上点眼しても鼻と口に抜けていくだけだそうです。
目・鼻・口は繋がっていると言いますが、目から入れた薬が抜けていくって怖いですよね?

2.ボトルに直接書き込みをしない
これは処方された点眼薬を使用している人は要注意かもしれません。
油性ペンのインクは、入れ物から薬剤に入り込む危険性があるそうです。
そんなことは初めて知りました。

3.2種類の目薬を使うときは5分以上間隔を空ける
処方されたもの以外はこういう使い方はしないと思いますが、守らずに続けて点眼してしまう人もいますよね?
でも、これでは最初の点眼薬の効果がなくなってしまうそうです。
「ついつい時間を守らずに使ってしまってる」という方は今すぐやめましょう。

4.瞼やまつ毛に触れないように
点眼する時は皮膚に触れてはいけないというのは聞いたことがあります。
でも、まつ毛まで注意を払ったことがありません。
少し離れたところから点眼するようにはしていますが、まつ毛も細菌の宝庫なので気を付けたいと思います。

5.温度変化が品質低下につながる
市販薬は常温で売られているので、私はずっと常温のまま置いています。
でも、ものによっては冷蔵庫で保管というものもありますよね?
そういう場合は絶対に冷蔵庫で保管をし、温度差のある場所に放置しないように気を付けた方がいいようです。
成分の効果が激減するので、気を付けましょう。

6.消費期限を守る
食べ物の消費期限や賞味期限はニオイで判断してしまう私ですが(笑)、薬だけは守っています。
目薬の場合は開けた瞬間に酸化が始まっているそうなので、消費期限は守った方が良さそうですね。

7.用途をよく見る
これが一番ネックかもしれません。
私は用途をしっかり読んだことがありません。
裸眼なので普通に使えば問題ないと思っています。
コンタクトの方は防腐剤が含まれている者に関しては必ずレンズを外し、最低でも15分以上あけてレンズをつけるようにしないといけないようです。
コンタクトをしたままでもOKという目薬なら問題ないということでしょうか?

まだまだ注意することがありそうな気がしますが、少なくとも上記の7つは守っていきたいものです。

Comments are closed.