前世の職業はコレかも?!

マイナビニュースに「もしかしたら前世でやっていたのかも?と思う職業ランキング」という記事がありました。
35年生きてきた中で、「自分の前世がこの職業だったかも?!」と思ったものは1つもないですね。
思い付くものがあるとすれば、ナマケモノだったかもしれないということだけです(笑)。
でも、中には今やっている職業ではないものが自分には合っていると思っている人もいますよね?
皆さんはどんなものが前世での職業だった思うのでしょうか?

1位
男性:大工・建築家
女性:美術系アーティスト

男性で妙に手作りが上手な人っていますよね!
我が旦那も非常に器用なので、大工には向いていると思います。
ただし、建築家は無理でしょうね。

女性も美術が得意な人っていますよね!
私がそれを顕著に感じられるなと思うのは、お化粧が上手な人です。
派手じゃないけれど、巧妙なナチュラルメイクが作れる人はなかなか器用だなと思ってしまいます。
化粧はどうでもいいですが、料理の際にはそのセンスが欲しいと思ってしまいます。

2位
男性:職人
女性:職人

男女とも同じものがランクインしていました。
私は割と集中力があるのか、1つのことをずっと続けるのは平気なのです。
ただし、全く器用ではない為に職人だけは有り得ないだろうなと思っています。

3位
男性:公務員
女性:学者・研究者

前世が公務員だったと思えるって凄いですね!
事務仕事が楽しく感じられるという意見もありましたが、それは私にも分けてもらいたいです。
事務作業ほど飽きるものはありません。

女性の学者・研究者はちょっと頷けます。
私は気になったことはとことん追求していくタイプなので、この職には合っているのかもしれません。
ただし、能力が足りないというのが「違うだろうな」と思える要因です。

4位
男性:学者・研究者
女性:公務員

男女が逆転していました。
どんなに考えてみても、やっぱり公務員だけは考えられません。
冒険好きには絶対に難しい世界だと思っています。

5位
男性:スポーツ選手
女性:会社員

スポーツが出来ても選手になれるとは限らないのですけど、男性はやはり現実的ではない部分もありますね。
それに対して、女性はあまりにも現実的と言えます。
あくまでも前世なのに、会社員って答えはいかがなものかなと思ってしまいました。

男性の番外編に占い師という答えがありました。
デジャブがよく見えるからというのが理由なのですが、それを考えると虫の知らせをよく感じる私も占い師だったかもしれません。
詐欺占い師である可能性が高いですけどね…。

Comments are closed.